カービングバトル!

なんとなくyoutube見てたらこんな動画見つけた。



「カービングバトル」ってことはスノーボード版技術選みたいなもんかなーと思って見てたら…

なんだよこれ…めっちゃくちゃ楽しそうじゃん!

っていうか楽しいわ!ただ動画見てるだけの俺が!

スノーボードに関しては素人なのに、一人ひとりの滑りの個性っていうか違いがハッキリわかるし、観客の歓声も心から驚嘆してるのがありありと伝わってくる。

最後のオチでは、ジャッジまでもが「エンターテイナー」になってるしwwwww

飛んだり回ったりしなくても(一部の人はしてるけど)、板が1枚だろうが2枚だろうが関係なく、「滑る」って本質的にむちゃくちゃ楽しい行為なんだ!って気づかせてくれる動画だ。

ねえ、スキーも同じようにできないかなぁ?
【その他の最新記事】
posted by CEM at 2015/04/23 21:13 | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スノーボーダーの言葉に共感した話

こないだ野沢に行ったとき、たまたま横で4人ぐらいのグループがスノーボードのレッスンみたいなことしてたのね。
そのとき講師役の人がこんなことを言ってたのが印象に残ってる。

曰く、「検定で見られる動きは3つだけ。傾く、しゃがむ、ひねる、この3つができていればいい」

この時言っていた検定っていうのがSAJなのかJSBAなのか、また何級を指しているのかはわからなかったし、そもそもこの人の言っていたことが本当なのかはたまたある種のブラフなのかもわからんけど、スキー技術もこのくらいシンプルに表現すればいいのにってことは強く思ったね。

基礎スキーなんてさ、合理性だのなんだの言うけど結局はかっこ良く滑ったら高得点出るんだろ。
だったらかっこ良く見えるのはどういう滑りなのかってのを端的に定義して、それができたら高得点!ってしちまえばいいのに。

ぱっと思いつくのが「内傾角」「アンギュレーション」「ストックワーク」ってとこか(コブだとまたちょっと違う視点になるかもしれんが)。
まあ他にもあるだろうけど、そういった「カッコよさの素」をそこそこの急斜面でも表現できるならとりあえず「上手い」って認めていいんじゃねーの?

スキーの間口を広げるためにも、誰にでもわかりやすく、シンプルにいきたいもんだ。
posted by CEM at 2015/04/15 22:13 | 技術ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神立高原で小回り・コブキャンプ

先週末は、この時期恒例の神立での小回り・コブキャンプに参加してきた。

初日土曜日。湯沢の駅に着いたときにはシトシトと雨が降ってたけど、神立に移動したらいつの間にか雨は止んどった。
問題のガスも、山頂付近はこんな感じ↓

P4110001.JPG

だったけど、中腹より下はこんな感じ↓

P4110003.JPG

で滑る分には支障無し!

明けて日曜はピーカン!

P4120008.JPG

P4120011(1).jpg

飯士山ビュリホー!

気温は前日より高かったはずだけど、湿度が低いせいか朝一のバーンは、まあ湯沢で春ってことを鑑みればそれなりに滑る雪だったな。ま、スキーは晴れてさえいれば何でも楽しいわな。

そんなわけで2日間よく滑ったら右膝が地味ながらも割と根強い痛みを発してきやがった。ゴールデンウィークまでには治したいものよ。

P4120029.JPG

以下自分用レッスンメモ。

今回は俺が2級取る前からずーーーーーっと苦手にしているストックワークに比重を置いた内容だったのがありがたかった。

ストックワークについて
・突くときは、真正面から抵抗を受け止めるような場所ではなく抵抗を側方に逃がせるような場所に突く。
・突いたストックが自分の体の「回転軸」になるような使い方、と言ってもいいかもしれない。
・そのためには、腕を広く構えることが重要。
・突いた後にグリップの位置を下げない。グリップの先端は常に天の方向を向くように(グリップ先端が前を向くような時間を極力作らない)
・突いた後に腕が横に開くのはOK。
・スキーの旋回とリングの位置が同期するように、手首を使ってリングを操作。
・手首を使ってリングを前に出すときは、掌を前に向けて見せるような動き。

その他
・小回りの練習を始めるときは、いわゆる「横滑りの展開」から入っていくとよい。
・切り替えもターン始動もターン中も、常に[除雪]をし続ける。
posted by CEM at 2015/04/14 22:40 | 滑走記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GS板(つうか大回り板)決めたったったった

これに決めた!

BLiZZARD/WRC RACING WC-PISTON 182cm(R=20m)

01_bli_wrc.jpg

会えるのは9か月後ぐらいか?w
楽しみ!

posted by CEM at 2015/04/14 22:29 | マテリアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

予報がいい意味で裏切られた石打丸山

毎年、石打丸山のクローズする4月第一週末にはここを訪ねることにしてる。
今年もそのつもりで宿の予約もしてたんだけど、天気予報は「本格的な雨+5月並みの高温」ってことになってて、なんの期待もせずにいたのだけど、いざ蓋を開けてみたら…

着いたときには雨こそ降ってなかったけと、それ以上に嫌な濃密なガス!

P4040001.JPG

あーこりゃどうしようもないなと思いながらリフトを乗り継いで上に上がっていくと…

P4040003.JPG

お、なんか晴れてきたぞ?

いや違う、俺がガスの中から抜けたんだ!

山頂に上がると…

P4040009.JPG

雲海!!!

石打で雲海を見たのは初めてだ。快晴とはまた違った幻想的な眺め!

気温は高いので雪はシャバシャバだったけど、この時期の湯沢エリアで雪質を期待すること自体が間違いなのでノープロブレム!
踏むと沈む雪に最初は手こずったけどだんだん慣れてくると面白い!
もちろんコブも滑った。大丸山のコブは相変わらず手強かったけど、スーパーコース脇に出来てたちょい緩めのコブで練習練習。

いつの間にかゲレンデ下部を覆っていたガスも晴れ正真正銘の快晴に。やったぜ。

P4040017.JPG

明けて日曜は、パラパラと雨が降る天気。気温は朝9時時点の中央第3高速降り場の掲示で13℃w
でも雨のお陰で昨日より滑走性の高い雪だった!
雨も本降りになることもなく、予想していた悲惨な状況よりはずっと快適。

本当は、去年同様シーズン最後のゲレンデクローズを見届けたかったんだけど、脚が悲鳴を上げたので早めの13時過ぎに撤収。

また来シーズンもお世話になりに来るやで。バイバイイッシ。

P4050029.JPG
posted by CEM at 2015/04/05 18:48 | 滑走記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。